Android fragment とFlameLayout区別

下記、現時点の認識です、間違いだったらご指摘ください。

fragment(<fragment> or fragment tag)を利用して、xmlレイアウトファイルをインクルードすれば、コードを書かなくてもFragmentを自動的に遷移できる。一つFragmentのみが必要な場合、この方法で一番簡単だ。Android Studioで「Basic Activity」を追加するとき、「Use a Fragment」をチェックした場合、テンプレートがこのこの方法でソース、XMLを生成する。

しかし、実行時(Run time)で、複数なFragmentを動的に設定し、表示する場合、ActivityのレイアウトでFlameLayout(FlameLayout tag or <FlameLayout>)を設定し、ソースで下記のように書く必要です。つまり、 FlameLayout はPosition Holder(View Holder?)として利用される。 逆に、xmlファイルでfragment tag を利用した場合、
実行時(Run time) にはFragmentを動的に設定できません。

FragmentManager fragmentManager = getSupportFragmentManager();
fragmentManager.beginTransaction()
.replace(R.id.fragment_main_layout, NextOneFragment.newInstance("1", "2"), "test")
.addToBackStack("test")
.commit();

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *